コラム|埼玉県戸田市で歯科・歯医者をお探しの方は【みしまデンタルクリニック】まで

048-423-1180

048-423-1180

休診日:木曜・日曜・祝日

コラム
コラム
コラム

根管治療ってどんな治療?

こんにちは。

戸田市笹目町の惣右衛門公園そばのみしまデンタルクリニックです。

 

皆さんは、根管治療、または歯内療法と呼ばれる治療法を知っていますか? 歯科医療の進歩によって生まれた根管治療は、昔では抜くしかなかった歯を温存できるなど、患者さんにとって大きなメリットのある治療法です。

 

今日は、その根管治療についてお話しします。

 

根管とは歯の根の中にある管のこと

歯の根の中には、神経と血管(歯髄)が通っている細い管があります。この管のことを根管といいます。

 

歯髄にまで達する重度のむし歯、歯のひび割れ、外傷などによって、歯髄が細菌に感染してしまった場合に、根管治療を行います。

 

根管治療の流れ

根管治療は、次のような流れで行います。

 

①レントゲンで歯の根の状態を詳しく調べます。

 

②歯を削って、むし歯の部分や古い詰め物・被せ物などの修復物を除去します。

 

③根管の中に専用の器具を入れて、むし歯菌に感染した歯髄を慎重に除去します。

 

④根管の中を徹底的に殺菌消毒します。

 

⑤根管に薬剤を詰めて、密閉します。

 

⑥治療した歯の根の上に被せ物をして完了です。

 

根管治療においてもっとも大切なことは、「感染部分を取り残さないこと」「細菌を再び侵入させないこと」です。

 

根管治療に必要な治療機器

根管は直径1mm以下と非常に細いうえに木の根のように湾曲したり、入り組んだ形していて、その形には個人差があります。そのため根管治療には先進的な治療機器と、それらを扱うための高度な治療技術が求められます。

 

みしまデンタルクリニックでは、根管治療の前に歯科用CTを使った検査をしています。歯科用CTは、立体的な画像で患部を鮮明に映し出せるため、通常の2次元のレントゲンよりも歯の根の状態を詳細に把握できます。

 

さらに、最大20倍程度まで視野を拡大できるマイクロスコープを駆使して治療を行います。マイクロスコープを使うことで患部を鮮明に捉えることができるため、感染部分の取り残しを防いで再発リスクを下げることができます。根管の中をきれいにしたら、炭酸ガスレーザーも使ってしっかり殺菌します。

 

まとめ

根管治療によって、これまでは抜くしかなかった重度のむし歯や、ひび割れてしまった歯を残せる可能性が広がっています。

「抜歯するしかない」と諦めずに、先進機器を駆使して高水準の根管治療をご提供しているみしまデンタルクリニックまでお気軽にご相談ください。